Log for trans Chinese
40代主婦が中国語特許翻訳者を目指す記録
月間振り返り

【中国語特許翻訳】講座受講振り返り 17ヶ月目

3月に入りましたが、先月の振り返りをしたいと思います。

先月は、引き続き医療機器の学習をしました。
人工透析装置と手術支援ロボットを中心に学習したのですが、やはり手術支援ロボットは多岐に渡る技術分野にリンクしており、学ぶ点が多々あります。
今回翻訳サンプルを作成するにあたり、何を題材として選ぶか、と考えた時に、サージカルロボットというものに魅力を感じましたが、中→日翻訳を考えているため、医療機器の中でもその他の分野に注目しました。
今回は、ステントに関して進めていこうと思います。

今までにも、ステントに関して学習はしましたが、今回取り上げたのは「カバードステント」です。
カバードステントは、ステントフレームに薄い皮膜を被覆したステントの事で、ステントの主な用途である狭窄血管の拡張処置は勿論、被覆部分に薬剤を塗布して局所的に送達するいわゆるDDS(ドラッグデリバリーシステム)としても有用です。
日本でも取り扱っているメーカーは多数ありますので、日本語で明細書を数件読みました。
今回も重ねてステントに関しての学習をした結果、以前の学習時よりも、理解している点が多いからか、明細書を読むスピードが早くなり、内容もスッと入ってきます。
このまま引き続き作業を続け、3月は翻訳サンプルを作成していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です