Log for trans Chinese
40代主婦が中国語特許翻訳者を目指す記録
日々のこと

ads.txt ファイルの問題を修正してください。

ads.txt ファイルの問題を修正してください。

又来ました、Googleさんからのメール・・・
いつも突然なので(←当たり前w)とてもドキドキします・・・

ads.txt ファイルの問題を修正してください。

何でしょう、ファイルの問題を修正って・・・
不安が募ります・・・

正直、普段GoogleAdSenseのHPを見る事はありませんw
今回、申請して以来初めて開いてみたら・・・

このようなメッセージがありました。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

え?なんでしょう、これ??
でも、大丈夫です。
Googleさんからのメールに対処法も親切に書いてあります。

参考までに、以下が私のメールに記載されていた対処法です。

なるほど!
1番のログインをし、2番の「今すぐ修正」をクリックします。
3番のメッセージを開き、4番の「ダウンロード」をクリックしました。
自動で作成された「ads.txt」ファイルを任意の場所にダウンロードします。
ここまでは順調です!

そして、5番。
なんじゃ、これ?

ドメインのルートレベル?
初めて聞きました。
早速検索です。

なるほど、サーバーの方で設定しなくてはならないようです。
敷居が高いですね・・・
でも、今回、意外に順調にできました!
もし、皆さんもこのようなメールがある日届いたら、ぜひ参考にして下さい。

私はXサーバーを使用していますので、そちらを使ってご紹介します。

1:Xサーバーのファイルマネージャーにログインする

まず、Xサーバーのファイルマネージャーにログインします。
ログインする時のFTPユーザー名とFTPパスワードは最初にサーバーアカウントを設定した際、表示されていたと思います。
ちなみに、FTPユーザー名/FTPパスワードは、サーバーID/サーバーパスワードと同じものです。

2:修正したいドメインを選択

今回、修正したいドメインを選択し、クリックします。

ちなみに、修正したいドメインが複数ある方は、一つ一つ設定しないといけないようです。
とりあえず、一つ選んでクリックします。

3:public html をクリック  

ドメインのフォルダを開くと、さらにたくさんのファイルがあります。
その中の「public html」というフォルダをクリックします。

4:「ファイルのアップロード」をする

「public html」フォルダをクリックし、右側に出てくる 「ファイルのアップロード」の「ファイルを選択」をクリックし、任意の場所に保存済みの、GoogleAdSenseからダウンロードしておいた ads.txt を選んでクリック。

ファイルがきちんと選ばれていることを確認の上、「アップロード」をクリックします。

5:追加を確認し、修正終了!

ファイル名に、 「ads.txt」が追加されていれば、修正完了です!!
サーバーに修正をかけるというのは、とても緊張しますね!
私は上記の方法で修正ができましたが、何卒作業をする際は、バックアップをお忘れなく、自己責任でお願い致します!


お疲れ様でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です