Log for trans Chinese
40代主婦が中国語特許翻訳者を目指す記録
トライアル

【中国語特許翻訳】前向きに進む

先日のトライアルの結果について今日メールで連絡を頂きました。
結果は、不合格でした。

提出した時から、迷っていた部分があったので、もしダメであればやはりその部分の理解が間違っていたかな、とは思っていました。
ただ、自分では何度も何度も推敲を重ね、今の自分でできる精一杯の訳で提出しました。
結果が伴わなかったのは自分の実力不足以外の何物でもないです。

問題は、今やり直してみても、その部分に関してはその訳(トライアルに提出した)以外の適訳が見つからないと言う事です。
詳細は書けませんが、今回の課題はニュース訳で、訳出を迷った部分の中国語は、抽象的にたとえてあり、そのまま直訳したら意味が分からないと思います。(文意が汲める人であれば分かるかもしれませんが、はっきり表現されていないので)
その為直訳を避けて、自分としてはかなり大胆に意訳して訳出したのですが、やはりそれがいけなかったのでしょうか。
読み手の事を考えたらはっきり書いた方が分かりやすくて良いかな、と思ったのですが、作者の意図とはかけ離れてしまったのかも、と今は思います。

その他、これも完全にたとえなのですが、例えば、三権分立の話が出てきたとして、原文に「三権」と書いてありその部分を訳した際「三権(立法権、行政権、司法権)」のように勝手にその内容の注釈を含めて訳出しました。
コメントは付けましたが、このような事はしない方が良いのかな、と提出後に思いました。
ニュースだったので読み手がなるべく理解できるよう補足した方が良いかな、と思ったのでそのように訳出しましたが、勝手に補足するのはやはりやり過ぎだったかと反省しました。

実は週末に、今回のトライアルの結果が出る前からこれから今年度末(2021/3月)までの計画を立て直していました。
トライアルに合格したらまた変更点は多々あるだろうとは思いながら、その都度臨機応変に対応していく予定で計画しました。
トライアルに応募するのは勿論ですが、課題を受け取る為にも、実績代わりとなる翻訳サンプル等を作成したいと思っていますので、引き続き学習を続けながらそちらの方にも注力したいと思います。

自分の実力不足を痛感しています。
時間は有限ですし、講座受講中に何としても安定軌道に乗せていく事は絶対条件です。
管理人さんが伴走して下さっている間に、少しでも多くの知識を得たいと思っているからです。
早く翻訳者としてのステージに立たなければ、その後の道を進んでいけません。
やりたい事があるので、早くそこに着手できるよう、まず翻訳者として安定稼働へ持っていきます。
まず初めに到達するべきゴールを見据えて進んでいきます。

POSTED COMMENT

  1. Kao より:

    こんにちは。
    ブログに書かれていくことにとても共感します。
    まずはトライアルお疲れさまでした。
    私も1社目はアッサリ落ちてショック死しそうでしたので、大丈夫です!
    おいしいものでも食べてリフレッシュしてくださいね。

    トライアルですが、中国語あるあるですよね。
    私も今までトライアルかなりの数受けましたが、特許の課題は2、3社だけでした。

    特許が専門で、特許ができますとアプローチし、特許の勉強に数年時間をかけてきたにもかかわらず、です。

    トライアルは政治やらニュース、法律関係からリリース文書までさまざま。PPT資料やトランスクリエーションよりのものもありました。

    頑張って受かっても、これまたトライアルとはまた全く関係のない分野の依頼がくることはザラだという印象です。

    英語のように、特許分野を集中して勉強して、特許でトライアル受けて、特許だけでずっと依頼が継続する(しかも分野も限られる)というのは、今の私の少ない経験からですが、中国語は難しいかなと思っています。

    なので、トライアルも合う合わないがあると思います。自分の方向性と合致する翻訳会社はきっとみつかりますので、
    あまり焦らず、お互い一歩ずつ頑張っていきましょうね!

    いつも励まされるブログをありがとうございます。応援しています。
    (人のこと応援せず自分がもっとがんばれよ!という感じですが…汗)

    長々と失礼しました^_^

    • kanon より:

      Kaoさん

      お忙しい中、コメントを頂きありがとうございます!
      とても嬉しいです!

      Kaoさんのトライアルの経験談、本当に参考になります!
      そうなんですよね~、私の場合「中(簡体字)→日」に絞っていることもあり、ますます門戸を狭めている感じです。(←自業自得w)

      >>トライアルは政治やらニュース、法律関係からリリース文書までさまざま。PPT資料やトランスクリエーションよりのものもありました。
      おおっ!本当に中国語翻訳者は「何でも来い」の精神でいないとダメなんですね。
      逆に考えれば、その中からまた新しく興味を持つことが掘り出せるかもしれないので、チャンスを頂いたら全力で頑張りたいと思います。
      トライアルを受けられるまでがまず難しい、と最近つくづく思い知らされました。
      そしてチャンスを頂いてトライアルが受けられても、そこを更に突破しなくてはならず、本当にどんどんトライアルが難化しているという
      最近の管理人さんのお話に首が取れるぐらいブンブンうなずいています(どんなん?w)。

      >>英語のように、特許分野を集中して勉強して、特許でトライアル受けて、特許だけでずっと依頼が継続する(しかも分野も限られる)というのは、今の私の少ない経験からですが、中国語は難しいかなと思っています。
      Kaoさんがおっしゃる通り、中国語に関してはマルチに受ける、という仕事の形態になっているようですよね。
      同じ受講生でも、英語の方々のブログなどを拝見していても、「いいなあ~」と思う事は多々ありますw
      (じゃあ、英語頑張ればいいじゃない!という神の声が聞こえてきそうですがw)
      でも、私は中国語が好きだし、まず中国語でステージに立ちたいと思っているので、このまま頑張ってみます!

      >>なので、トライアルも合う合わないがあると思います。自分の方向性と合致する翻訳会社はきっとみつかりますので、
      あまり焦らず、お互い一歩ずつ頑張っていきましょうね!
      ありがとうございます~♪♪
      いつもKaoさんに励まして頂いて、本当に感謝しています!
      私からしてみれば先を走っているKaoさんの影すら見えない現状ですが、焦らず頑張って進んでいくようにします。

      今日はこちらは雪が降りそうで、とても寒いです。やっと12月らしくなってきましたw
      Kaoさんもお忙しいかと思いますが、体調など崩されませんよう、ますますのご活躍をお祈りしてます!
      ミイラになる一歩手前でしたがwとても励まされました!
      ありがとうございました!

kanon へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です