Log for trans Chinese
40代主婦が中国語特許翻訳者を目指す記録
学習環境・仕事用ツール

Trados OJTを始めました(KokoDoki)

Trados OJTを始めました

KokoDokiさんのTrados OJT+をお願いしました。
以前、レバレッジ特許翻訳講座に入ったばかりの頃、このブログの立ち上げで一度お世話になりました。

このKokoDokiさんでは、現役翻訳者の方から直接ツールの指導をして頂けます。
今回、受講をお願いしたところ、お忙しい中快諾して頂き、大変有難いなあ~と思っています。

ちまたではコロナで仕事が無いなどと言うお話もチラホラ聞きますが、
こちらの翻訳者の方は、
「コロナ情勢でも特許翻訳の仕事は回っているんだな~とお考えいただければ」
とおっしゃっていて、相変わらずお忙しいようでした。
やはり、トップの翻訳者になれば、このような社会情勢においても、仕事に影響はないんだな~と強く感じ、私も早くこうならなければ!と思いを新たにしました。

実は最初の学習計画では、自分である程度Tradosの使い方を学習してからKokoDokiさんにご指導をお願いするつもりでいました。
教えて頂くとはいえ、現役翻訳者でお忙しく仕事をしていらっしゃるのはよく分かっておりましたので、くだらない質問などをして貴重な時間を無駄に使って頂くのは申し訳ない、と言う気持ちがあったのと、ある程度自分でも理解してから質問させて頂ければ、より有益な質問ができるかと思ったからです。

ただ、自分であらかじめ決めていた学習方法にて、あるTradosの操作方法に関する動画を見始めたのですが、これでは時間が掛かると不安に思いました。
今、このような社会情勢において、のんびり学習している時間は私にはなく、早くツールの操作も習得したいと思っています。
その為、この動画を使った学習では回り道になると感じ、KokoDokiさんに理由をお伝えし、ご相談させて頂いたところ、すぐ受講を快諾して頂けました。

受講期間は3カ月ありますが、なるべく早く使いこなせるよう毎日少しづつ練習しています。
が、やはりやや気難しいTradosさんですw
上手く付き合っていけるよう、毎日接していきます。
ザイオンス効果を狙っていきますww(マシンだけどねw)

学習内容

P&G特許を読む(8)~(12)

学習時間

6.0時間

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です